フェリカ(felica)の仕組みについてご案内します。

Homeお役立ち情報フェリカ(felica)について>フェリカ(felica)の仕組みについて
モバイル販促を効果的に行うためのお役立ち情報

フェリカ(felica)の仕組みについて

生活のさまざまな場面で使われているFeliCaは、端末をかざすだけで素早く、さまざまなサービスが利用できます。今回は、FeliCaの仕組みについてご案内します。

フェリカ(felica)の仕組みについて

FeliCaが高速にデータをやり取りできる仕組みは?

FeliCaといえば、かざすだけですばやくデータのやり取りができることが特徴です。基本的な原理としては、端末をFeliCaのリーダー、ライターにかざした時に、リーダー、ライターが発信する電磁波によって周波数13.56MHz、速度212kbpsでデータ通信が行われます。

また、データ処理を高速に行うため、効率的な相互認証とかざすだけという利用形態に適した独自の通信方式を取っており、暗号処理を含めて約0.1秒以内でデータ処理が完了できるようになっています。

かざすという動作に対応できる方式を採用

FeliCaは“かざす”という動作に適した技術方式を採用しており、ノイズや距離の変動に対して安定しているManchester方式による符号化を行っています。

また、タイムスロット方式の衝突検出や回避は処理全体の高速化に貢献しています。その他、副搬送波を使用しない対称通信のため、通信速度847kbpsが可能であるなど、さまざまな技術方式が取り入れられています。

こういった優れた技術方式のおかげで、IC乗車券をかざしただけでスムーズに改札を通ることができるのですね。

高いセキュリティの理由

FeliCaがセキュリティ面も高く評価されてい理由は、通信時はもちろん、カード発行時にもセキュリティ対策が施されていることにあります。

まず、通信時の相互認証と通信データの暗号化については、セキュリティーに関して信頼性の高い「セキュリティーアルゴリズム」を採用しています。さらに、成りすましによる通信を防ぐため、相互認証ごとに通信データの暗号鍵を新しく生成するシステムがあります。

カード発行時のセキュリティは、発行情報と鍵変更情報を暗号化した状態で発行者とカード製造会社間を安全にデータを受け渡す独自の仕組みになっています。

また、カード輸送から発行までの安全性を確保するため、カード出荷時には出荷鍵を設定しています。このように念には念を入れた体制が私たちの個人情報を守っています。

その他の様々な仕組み

FeliCaならではの仕組みは他にもたくさんあります。個別のアクセス権を設定することが可能で、多目的のデータ管理ができる「マルチアプリケーション」も便利な機能です。

その他には、カード内の処理が終わらないうちにリーダー、ライターの電力供給範囲からICカードが離れて処理が未了となる恐れがある場合には、データの不具合を防ぐため自動的に元の状態に戻す「アンチブロークン・トランザクション」などがあります。

2014.4.25
ページトップへ
代理店募集,OEM募集

モバ☆スキを御社の
収益アップのためにご活用ください。

販売代理店、御社ブランドでのOEM展開など
ご相談ください。
お問い合わせ,03-5428-4857
ソーシャルアプリケーションサービス部直通
平日 10:00 ~ 18:00
「モバスキ担当」とご指名ください。

運営会社
株式会社ベッコアメ・インターネット  株式会社ベッコアメ・インターネット    ソーシャルアプリケーションサービス部
■ 東京本社
東京都台東区駒形1-3-8 ベッコアメ浅草ビル4F
TEL:03-5827-1500 FAX:03-5827-1505
■ 渋谷オフィス
東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー6F
TEL:03-5459-0271 FAX:03-5459-0351
■ 福岡営業所
福岡市中央区天神1-14-16 福岡三栄ビル5F
TEL : 092-406-4381 FAX : 092-406-4383

Copyright (C) BEKKOAME INTERNET All Rights Reserved.