やってはいけないメルマガの失敗例についてご案内します。

Homeお役立ち情報携帯のメルマガ配信について>やってはいけないメルマガの失敗例
モバイル販促を効果的に行うためのお役立ち情報

やってはいけないメルマガの失敗例

メルマガの配信をしても期待するような反応が得られない。そんな風に思う方も多いのではないでしょうか。メルマガの配信で失敗する大きな要因は、独りよがりになってしまうことです。伝え方やそれ以外の部分は読者の都合に合わせなければいけません。

今回はやってはいけなメルマガの失敗例をご案内します。あなたの配信しているメルマガに該当する箇所がないかチェックしてみましょう。

やってはいけないメルマガの失敗例

メルマガの失敗例その1『内容が分かりにくい』

配信する側はその商品についてよく知っているため、情報が前後していても読み解くことができるかもしれません。しかし、読者のなかにはその商品について全く知らない人もいます。そのため、順序立てて分かりやすく構成する必要があります。

メルマガの失敗例その2『配信頻度が多い』

「配信頻度は高い方がよい」と思う方がいるかもしれません。しかし、配信の回数が多ければ多いほど、読者にとってそのメルマガの重要性は低くなる傾向にあるといわれています。

メルマガの失敗例その3『配信時間への配慮がない』

届いてから時間が経過したメルマガは開封率が下がると考えられています。そのため、配信時間はターゲットとなる読者層の生活スタイルにあわせなければなりません。ターゲット層がメールボックスを開くタイミングにメルマガを配信する必要があります。

メルマガの失敗例その4『ユーザーのセグメントができていない』

これはニーズの異なる読者層をまとめてひとつのメルマガで対応しようとすることを差します。読者層の分割を行うことで、それぞれに刺さるメルマガづくりを行うことができます。逆に、無理やりひとつのメルマガにすると、どの層に対しても中途半端な内容になってしまいます。

メルマガの失敗例その5『自分のビジネスの宣伝でしか利用していない』

簡潔な内容のメルマガにこだわりすぎると、露骨な宣伝だけで構成された内容になってしまいます。いくら短くまとめられていても、これでは読者によい印象を与えることが難しいといえます。読者の知りたい情報を盛り込んだり、読者に寄り添う形での執筆を心がけるとよいでしょう。

メルマガの失敗例その6『行動喚起が中途半端』

例えば「これは素晴らしい商品です!」とだけ言われて、「よし、買おう!」と思う読者は少ないはずです。適宜エピソードを盛り込んだり、メリット・デメリットをしっかりと伝えるなど、メリハリのある文章で行動喚起します。


これらは、メルマガのネタ集め以外にもつながります。ユーザーからの質問は商品説明について再考するための情報になりますし、関連ニュースは今市場がどうなっているのかなどを把握することができます。アンケートの実施は、今後の方針を考える上でも重要な参考資料になり、過去配信をまとめることは今後のメルマガ配信の指標にもなります。

2014.4.25
ページトップへ
代理店募集,OEM募集

モバ☆スキを御社の
収益アップのためにご活用ください。

販売代理店、御社ブランドでのOEM展開など
ご相談ください。
お問い合わせ,03-5428-4857
ソーシャルアプリケーションサービス部直通
平日 10:00 ~ 18:00
「モバスキ担当」とご指名ください。

運営会社
株式会社ベッコアメ・インターネット  株式会社ベッコアメ・インターネット    ソーシャルアプリケーションサービス部
■ 東京本社
東京都台東区駒形1-3-8 ベッコアメ浅草ビル4F
TEL:03-5827-1500 FAX:03-5827-1505
■ 渋谷オフィス
東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー6F
TEL:03-5459-0271 FAX:03-5459-0351
■ 福岡営業所
福岡市中央区天神1-14-16 福岡三栄ビル5F
TEL : 092-406-4381 FAX : 092-406-4383

Copyright (C) BEKKOAME INTERNET All Rights Reserved.