メルマガのネタ収集術についてご案内します。

Homeお役立ち情報携帯のメルマガ配信について>メルマガのネタ収集術について
モバイル販促を効果的に行うためのお役立ち情報

メルマガのネタ収集術について

メルマガを長く配信していると「書くネタがない…」という状態に陥ることがあるとか思います。メルマガに書く内容で困ったときのために、ネタの集め方をご案内します。

やってはいけないメルマガの失敗例

ネタ集めが大事な理由とは?

メルマガを配信するにあたって、ネタ集めは非常に重要だといえます。それは読者を飽きさせないためでもあり、本当に伝えたいことがある時にメルマガを読んでもらえる確率を少しでも上げておくためでもあります。

とはいえ、「メルマガのネタ集めにかける時間はない」という方も多いでしょう。ネタ集めに多くの時間を割く必要はありません。手軽にネタ集めができる方法をご案内します。少し視点を変えただけで、簡単にネタがみつかることも多いのです。

その1『ユーザーからの質問』

メルマガは、普段大々的に広めるほどではない内容を読者に共有する場として最適なツールといえます。似たような疑問を持ちながら、問い合わせまではしない方も多いので「そういえば気になっていた」と思ってくれる読者がきっといるはずです。

その2『関連ニュースの解説』

あなたの売り込みたい商品やサービスなどに関連する事柄には、日ごろからアンテナを張り巡らせていることと思います。その分野に詳しいからこそ“関連するニュース”の読み方がわかっていることもあるかと思います。それを読者にシェアするとよいでしょう。そうすることで、読者は正しい情報を知ることができ、メルマガの信頼度が高まります。

その3『アンケートの感想紹介』

これは、いわばリスナー参加型のラジオのようなものです。自分の感想が紹介されるかもしれないという期待感や他の人の意見を知りたいという好奇心をかき立てる内容にしましょう。読者をうまく巻き込んだスタイルを確立できれば、毎回のようにメルマガを読んでくれる固定読者がつくかもしれません。

その4『過去配信のリライトまとめ』

過去に配信した内容を流用し、書きなおしてまとめる方法は、ネタに困った際の常套手段といえます。反響の大きかった内容をチョイスすることで、再び読者の興味を引くことが可能です。また、新しい読者にとっては非常に有益な内容であるといえます。


これらは、メルマガのネタ集め以外にもつながります。ユーザーからの質問は商品説明について再考するための情報になりますし、関連ニュースは今市場がどうなっているのかなどを把握することができます。アンケートの実施は、今後の方針を考える上でも重要な参考資料になり、過去配信をまとめることは今後のメルマガ配信の指標にもなります。

2014.4.25
ページトップへ
代理店募集,OEM募集

モバ☆スキを御社の
収益アップのためにご活用ください。

販売代理店、御社ブランドでのOEM展開など
ご相談ください。
お問い合わせ,03-5428-4857
ソーシャルアプリケーションサービス部直通
平日 10:00 ~ 18:00
「モバスキ担当」とご指名ください。

運営会社
株式会社ベッコアメ・インターネット  株式会社ベッコアメ・インターネット    ソーシャルアプリケーションサービス部
■ 東京本社
東京都台東区駒形1-3-8 ベッコアメ浅草ビル4F
TEL:03-5827-1500 FAX:03-5827-1505
■ 渋谷オフィス
東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー6F
TEL:03-5459-0271 FAX:03-5459-0351
■ 福岡営業所
福岡市中央区天神1-14-16 福岡三栄ビル5F
TEL : 092-406-4381 FAX : 092-406-4383

Copyright (C) BEKKOAME INTERNET All Rights Reserved.